金融業界への就職を考える

sample就職を考える時に安全志向で金融業界を選ぶ人が少なくありません。
一口に金融業界と言ってもいろいろあります。
銀行で括りますと都市銀行、地方銀行、信託銀行という民間銀行の他に政府系の金融機関もあります。
銀行業務も変化しており、従来の預金集め中心から、債券の売却や為替のディーリング業務などの比重が重くなっています。
また、外資系の金融機関は投資銀行の色彩の強い銀行もあります。
証券会社も選択肢の一つです。
営業の他に商品開発の仕事も重要になっています。
生命保険会社や損害保険会社もあります。
少子高齢化の影響で先行きは保険契約者の減少が見込まれるため、海外への進出が顕著になっています。
その他にはカード会社やリース会社が存在します。
仕事の内容をよく理解したうえで就職活動をすることが大事です。

婚活成功率の高い奈良のカリスマ仲人士

最新投稿

  • 就職活動に関する経験

    いわゆるアベノミクス効果により、景況感の改善が大きく取りあげられる中において、金融業界への就職を希望…

    続きを読む...

  • 金融機関に就職も良いです

    金融機関に就職した場合、窓口業務の基礎を覚える必要があります。
    そして同時に金融商品の知識もな…

    続きを読む...

  • 金融業界に就職するのに有利な資格

    安定的な就職先と言えば、やはり人気のある銀行や信販会社に就職する事を目指す学生の方も多いのではないで…

    続きを読む...

  • 金融業界への就職と私立大学について

    学生の方で金融業界への就職を希望する場合はリクナビを活用すると良いです。
    様々な会社の採用情報…

    続きを読む...